個人事業主向けカーリースのメリット・デメリットを簡単に解説!

個人事業をしているけど、カーリースを検討しているという方も多いでしょう。

カーリースの仕組みは理解したところで、メリットとデメリットを理解することで、より事業にカーリースが合っているのかが見えてくるはずです。

そこで今回は、個人事業主向けのカーリースのメリットとデメリットをできる限り簡単に解説していきます。

個人事業主向けカーリース最大のメリットは節税ができる点!

個人事業主がカーリースをする場合、最大のメリットは節税ができるという点ではないでしょうか。

カーリースをするときにかかる車体価格・保険・税金・メンテナンス費をすべて経費として計上することができます。

車を購入するとなると大きな買い物になる上、減価償却として計算しなければならないので手間を感じてしまうでしょう。

しかし、カーリースは月額料金をそのまま経費とすることができるので、自分自身で経理を行うことの多い個人事業主の方にとっては非常に嬉しいメリットです。

面倒な手続きの解消

税金がどれぐらいかかるのか、車検費用はどれぐらいかかり、どこに持っていかなければならないのか、といったような面倒な手続きは車を保有すると避けられません。

しかし、カーリースは車を運転するために必要な手続きを行った上でリースをしてくれるので、車に詳しくない方でも安心して乗ることができます。

詳しい内容はカーリース業者によって変わってくるので、気になる方は問い合わせやWebを確認してみましょう。

カーリース執事

車検も指定の場所をお知らせとともに教えてくれるからどこにしようか迷う必要もなくていいね!!

月額料金が一定なのでわかりやすい

カーリースの利用料はすべて含まれた上で月額料金一定になるので、どのぐらい費用がかかるのかわかりやすいのもメリットの1つです。

月額費用が一定であれば、事業としても予算を組みやすいので、個人事業主の方にカーリースが好まれる傾向にあります。

頭金が必要ないので初期費用を抑えられる

事業をする際に気になってしまうのは初期費用ですよね。

車を使いたいが頭金による初期費用で、その他に充てられる資金が少なくなってしまうのは避けたい方も多いかもしれません。

しかし、カーリースでは頭金の必要なく車を利用することができるので、初期費用を抑えて他の部分へ捻出することができます。

カーリース執事

もちろん頭金を支払って月額料金を更に抑えるということもできるから、支払いの種類は購入やローンよりも広いと考えられるね!!

短期間契約ができる

車を購入するのとは違い、カーリースでは短期間の契約が可能です。

中には1年未満で契約できるカーリース業者もあるので、幅広く活用することができるのもカーリースならではのメリットといえるでしょう。

リースできる車種が豊富

リースする車が指定されていた場合、自分の好みや事業に沿った車を選べないということも出てきてしまいます。

しかし、業者によっては国産車全車種リース可能なので、車種に困るということはないでしょう。

乗り換え・返却が簡単

経理で面倒なのが車の経費ですが、車を新調するときには様々な手続きも必要になってくるので、中々新しい車に変えることを考えると腰が重くなってしまいます。

しかし、カーリースでは、手続きも経費もわかりやすく乗り換え・返却をすることができるので、事業向きだということが理解できるのではないでしょうか。

乗り換えのときも保険や税金の切り替えも業者が行ってくれますし、減価償却も必要なく月額費用を経費として計上するだけです。

カーリースは個人利用もおすすめできますが、法人や個人事業主の方に特に利用してほしいサービスといえます。

個人事業主向けカーリース最大のデメリットは購入よりも高くつく点!

カーリースにもデメリットはあり、個人事業主の方にとっては購入やローンよりも総支払額が高くつくという部分はデメリットになるでしょう。

購入やローンの場合は金利がついても車両価格のみですが、カーリースの場合は車体価格の他に税金・保険・メンテナンス費用にも金利がついてしまいます。

カーリース執事

全体的な費用を抑えたいということであれば、カーリースはあまりおすすめできないね!

車のカスタマイズができない

また、車のカスタマイズができないということも知っておかなくてはいけません。

カスタマイズできない理由は、カーリースはあくまでリース、つまり業者から借りているということになるからです。

買取をするなら話は別ですが、返却をする以上は原状回復ができないようなカスタマイズは禁止されています。

中途解約ができない

カーリースは契約途中で車が不要になってしまったからといって気軽に解約することはできません。

もし中途解約する場合は、残りの契約年数や月数分の料金を支払わなくてはいけなくなります。

カーリース執事

損をしないためにも計画的な契約をすることが大切だね!!

月間・年間の走行距離が決まっている

カーリースは、契約時に月間・年間の走行距離を設定することが多いです。

その制限走行距離を越えてしまうと追加で料金が発生してしまうので、あらかじめ仕事でどのぐらい使うのかを予測しておく必要があります。

MEMO
個人のカーリースではあらかじめ制限走行距離が決まっている中で選ぶプランが多いですが、法人や個人事業主向けのカーリースは自由に制限走行距離を決められる場合が多いです。

個人事業主向けカーリースが向いている人・向いていない人

個人事業主向けカーリースのメリット・デメリットを踏まえて、どのような方に向いている、あるいは向いていないのかをまとめてみましょう。

個人事業主向けカーリースが向いている人は車の面倒を解消したい人

車はただ運転できるわけではなく、税金や保険、定期的なメンテナンスが必要になってくるため、割と面倒に感じる方も多いでしょう。

個人事業主となると自分自身で色々とまかなうことも少なくないので、できれば車に関わる面倒な手続きを解消できればと考えている方もいるはずです。

カーリースはそのような車に関わる面倒を解消したい方に向いているといえます。

それ以外にも向いている方のケースをまとめてみました。

カーリースが向いている方
  • なるべく初期費用を抑えて車を利用したい方
  • 節税をしたい方
  • 車を利用しない期間がある方
  • 経理を事業主自身でおこなっているため、経費をなるべく計算しやすくしたい方

メリットの部分が事業主の方にとって利点となればなるほどカーリースは向いているといえますね。

個人事業主向けカーリースが向いていない人は運転が荒く事故が多い人

一方、個人事業主向けカーリースが向いていないという方は、運転が荒く車にキズをつけてしまう、あるいは事故を起こしてしまうことが多いという方です。

車にキズや凹みを作ってしまった場合は、返却時に原状回復をしなければいけないので追加で費用が発生してしまいます。

また、全損事故を起こした場合は強制解約になるケースがほとんどなので、契約年数が残っていたとしても料金を支払わなくてはいけません。

運転に自信が無いのであれば、原状回復費用をサポートしてくれる業者を見つけるなどの工夫が必要です。

カーリース執事

カーリースはあくまで借り物という意識を持ち、事故なく安全運転を心がけていくことが大切だね!