【ジャガー車を安く乗る⁉】おすすめのカーリース業者ランキング&料金相場

ジャガーのカーリース

イギリスを代表する自動車メーカーであるジャガーは、独創的なデザイン性が日本でも人気ですよね。

しかし、ジャガーは高級車だから少し乗るのには抵抗があるという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方にはぜひカーリースを利用して、ジャガーの乗り心地を楽しんでいただきたいです。

そこで、今回はジャガーの車種でおすすめのカーリース業者をランキングにして紹介していきましょう。

カーリース執事

ジャガーはスポーツカーだけではなくSUVタイプの販売も目立ってきているね!

ジャガーの車種でカーリース業者選びの2つのポイント!

ジャガーの車種をリースする場合、どのようにして業者を選べば良いのかわからないという方のために、2つのポイントをまとめてみました。

  1. 支払いができる範囲内の車種があるかどうか
  2. クオリティの高いメンテナンスをしてもらえる

では、この2つのポイントについて、それぞれ詳しく解説していきましょう。

1. 支払いができる範囲内の車種があるかどうか

カーリースは、車体価格・税金・車検・メンテナンス費用などの面倒な手続きをすべてまとめて料金定額制にして乗ることができるプランです。

車を購入すると直面する、税金や車検によって月の料金が変動の負担がありません。

しかし、ジャガーは高級車に分類されるため、毎月定額といってもそれなりに料金が発生してしまいます。

そのため、自分が支払いできる範囲内の車種であるかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

MEMO

ジャガーの新車のリース料が少し経済的に厳しいということであれば、中古車をリースするという選択肢もあります。

中古車であれば、ものによってはリーズナブルな車体価格なので、それだけコストを抑えて乗ることができるでしょう。

カーリース執事

中古車でもメンテナンス費用が高くついてしまう場合もあるから、どれだけかかるのか確認してから業者を選ぼう!

2. クオリティの高いメンテナンスをしてもらえる

車を運転している期間が長ければ長くなるだけ、メンテナンスをする必要があります。

ジャガーは外国車でメンテナンスできる場所は限られてしまうので、テキトーな設備点検をされてしまってはたまったものではありませんよね。

そのため、クオリティが高く、信用できるメンテナンスをしてもらえる業者かどうか判断する必要も出てくるでしょう。

クチコミによる評価やWebにメンテナンスの状況が明確に記載されているか、といったポイントを基に選んでみてください。

カーリース執事

中古車をリースする場合は特にメンテナンスに信頼できるか慎重に判断しよう!

ジャガーの車種でおすすめのカーリース業者ランキング!

ジャガーの車種をカーリースできる業者というのは国産車よりも限られています。

しかし、それでも多数の業者がいて絞り切ることができないという方が多いでしょう。

そこで、おすすめのカーリース業者をランキングにしてみましたので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ジャガージャパン(JAGUAR JAPAN)

ジャガージャパン(JAGUAR JAPAN)

ポイント
  1. サービス品質重視の方におすすめ
  2. マイジャガーケアによるメンテナンスサポート
  3. ジャガーの全新車をリース可能
  4. 制限走行距離なしで乗り放題
  5. オープンエンド・クローズドエンド選べる
CHECK

ジャガーの全車種を新車でリースできるだけでなく、メンテナンスも無料でサポートをしてくれるので、サービス品質重視の方にジャガージャパンはおすすめです。

制限走行距離も無制限なので、ヘビーユーザーの方でも気を使わずにドライブや旅行を楽しむことができます。

ジャガージャパンの評価
車の種類
(5.0)
メンテナンス
(5.0)
制限走行距離
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(5.0)

マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズ

ポイント
  1. ライフタイルに合わせて支払い方法が選べる
  2. 新車・中古車の中から選べる
  3. メンテナンスパックなし
  4. クオリティの高いメンテナンス
CHECK
メンテナンスパックがないのが気になるところですが、支払い方法がかなり豊富なので、自分のライフスタイルに合わせやすいのがマリオットマーキーズの魅力です。

新車だけではなく中古車からも選べるので、車体価格が気になってしまう方にもおすすめといえるでしょう。
マリオットマーキーズの評価
車の種類
(4.0)
メンテナンス
(5.0)
制限走行距離
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(4.0)

ジャッジ

ポイント
  1. メンテナンスパックあり
  2. 新車・中古車でリース可能
  3. オープンエンド方式
CHECK
新車・中古車でリースできる業者で、メンテナンスパックもついたスタンダードなサービスを展開しているのがジャッジです。

オープンエンド方式での契約になるので、契約終了後に残価にずれが生じた場合、差額を支払い・還付のどちらかになります。

ジャッジの評価
車の種類
(4.0)
メンテナンス
(4.0)
制限走行距離
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

ジャガーの車種をカーリースするときにかかる月額料金相場!

ジャガーの車種をリースするときに、どれぐらいの月額料金がかかるのか事前に把握しておきたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はジャガージャパンでリースできる車種をいくつかピックアップして、月額料金の相場を算出させていただきました。

年数は5年契約にしています。

XJ8 3.5 142,000円
XKR Coupe 198,200円
S-TYPE 2.5 V6 93,000円
S-TYPE 4.2 V8 129,500円
S-TYPE R 162,500円
X-TYPE 2.0 V6 71,600円
X-TYPE 2.5 V6 SE 87,400円
X-TYPE 3.0 Sovereign 97,600円

新車でのカーリース契約となるとジャガーは以上のような月額料金がかかると考えていいでしょう。

「少し月額料金が高いからもう少し安くならないかな・・・」と感じるのであれば、中古車リース業者を利用するのがおすすめです。

カーリース執事

ジャガージャパンはかなり高品質なサービスを受けることができることを踏まえると、この月額料金は納得だね!

ジャガーの車種をカーリースする際のQ&A

ジャガーをリースする場合、新車と中古車どちらがおすすめ?

新車は見た目やどの車種でも乗れる一方で、料金が高くついてしまいます。
一方、中古車は料金が安く済みますが、小さなキズや凹み、誰かが過去に乗っていたというデメリットがあります。
どちらがおすすめなのかは、どの部分をメリットだと感じるか次第なのでどちらもおすすめといえるでしょう。

ジャガーをリースする上で大変なことはある?

高級車に分類されるため、国産車よりも料金が高くついてしまうという点と、メンテナンスも取り扱っていない店舗がある点です。

オープンエンド方式のメリット・デメリットが知りたい

オープンエンド方式のデメリットは、残価の責任が契約者になるので、差額が生じた場合に支払いをしなければいけないことです。
オープンエンドのメリットは残価を公開することができる点で、契約者とカーリース業者で納得する残価設定をすることができます。

クローズドエンド方式のメリット・デメリットが知りたい

メリットは、残価の責任がカーリース業者にあるので、差額が生じたとしても契約終了後に支払いする必要がない点です。
デメリットは残価公開がない分、カーリース業者によっては残価を低く設定してしまうという点でしょう。

ジャガーの車をリースするよりも購入するほうがいい?

ジャガーの車種は決してリーズナブルな価格帯とはいえないため、経済的に購入できる余裕があれば安く済むのでおすすめです。
しかし、購入する気はない場合は、リースのほうが急な出費がなく月額一定なので安心して運転を楽しむことができます。