【節税対策に⁉】法人におすすめのカーリース業者ランキング!

法人の節税カーリース

法人企業で欠かせない節税は、しっかりとおこなうことで必要以上の税金を収める必要がなくなります。

実はカーリースは経費に計上できるため、節税対策にはもってこいだということをご存知でしょうか。

そこで今回は、法人の節税対策のためのおすすめカーリース業者をランキングにして紹介していきます。

法人の節税対策ができるカーリース業者選びの3つのポイント!

どのような業者を選べばいいのかわからない方は以下の3つのポイントを基にすると、節税対策にもつながるのでおすすめです。

  1. 車種のラインナップが豊富
  2. メンテナンスリースができる
  3. 走行距離が長く設定できると◎

では、それぞれのポイントについて説明していきましょう。

1. 車種のラインナップが豊富

法人で利用できる車が昔の型のボロボロ中古車だった場合、清潔感や安全性に不安が残ってしまいますよね。

そのため、できれば新車で様々な車種を選べるカーリース業者がいいでしょう。

どのようなラインナップがあるかというところは、Webサイトにて確認することができます。

もし、契約する車種が決まっているということであれば、その車種に絞って業者を選んでいくという方法でも問題ありません。

2. メンテナンスリースができる

節税として大きく関わるのが、リースの基本料金に加えて車検や税金、メンテナンス費用も経費として計上できるのかという点です。

カーリースのメンテナンスリースでは、基本料プラス車検・税金・メンテナンス費用も経費としてまとめて計上できます。

節税をするということにフォーカスするのであれば、これらの費用は計上できたほうが嬉しいですよね。

そのため、必ずメンテナンスリースができる、基本料以外の費用も経費として計上できるかどうか確認するようにしましょう。

カーリース執事

ビジネスカーリースプランを展開しているわかりやすい業者もあるよ!!

3. 走行距離が長く設定できると◎

法人契約で車をリース契約するのであれば、少なくとも長い距離を走ることを視野にいれているはずです。

実はカーリースの契約には制限走行距離が存在しており、距離を越えてしまうと罰則金が取られてしまうこともあります。

MEMO
中古車リースや一部の業者では制限走行距離を設けていないところもあります。

車の使い方にもよりますが、できるだけ制限走行距離が長く設定できるところがおすすめといえるでしょう。

法人の節税対策ができるカーリース業者を比較!

法人が契約できる業者というのはかなり多数存在するのは、そもそもカーリース自体、最初は法人向けのサービスだったからです。

そこで、法人で契約できる有名なカーリース業者をピックアップしていますので、先ほどのポイントを簡単に比較してみましょう。

車種の豊富さ メンテナンスの充実さ 制限走行距離
カーコンカーリース もろコミ 二重丸 二重丸 2,00kmまで
カルモ 丸 丸 1,500kmまで
コスモマイカーリース(旧コスモスマートビーグル) 二重丸 丸 500・1,000・1,500km
オリックス自動車 二重丸 丸 2,000kmまで
ニコリース 丸 丸 2,500km
リボーンカーリース 三角 丸 制限なし
琉球リース 三角 丸 相談によって決定
西自動車商会 三角 丸 両方契約可能
JUCのカーリース 丸 三角 契約内容によって変動
コアラクラブ 三角 三角 相談によって決定
アラジン 三角 丸 相談によって決定

有名なカーリース業者では、法人契約することも基本的には可能です。

ただし、中には中古車リースや車種の限定があるので、しっかりと契約内容・プランを確認するようにしましょう。

法人の節税対策におすすめのカーリース業者ランキング!

3つのポイントを紹介したところで、結局はどのカーリース業者がいいのかわからないですよね。

では、本題である法人の節税対策におすすめのカーリース業者ランキングを紹介していきましょう。

カーコンカーリース もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

カーコンカーリース もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

ポイント
  1. 品質重視の方におすすめ
  2. 豊富な新車のラインナップ
  3. メンテナンスリース可能
  4. 走行距離2,000kmまで
  5. 予算に合わせた自由プランもあり
CHECK
車種のラインナップも豊富で、メンテナンスパックもわかりやすく充実しており、走行距離も2,000kmと品質を重視したカーリース業者を選びたいならカーコンカーリース もろコミがおすすめです。

また、予算に合わせて走行距離やメンテナンスパックを自由にカスタマイズできるプランも用意してあるので柔軟さも注目できるでしょう。

カーコンカーリース もろコミの評価
車の種類
(4.5)
メンテナンス
(5.0)
走行距離
(5.0)
料金
(4.0)
総合評価
(4.5)

コスモマイカーリース(旧コスモスマートビーグル)


ポイント
  1. コスパよく乗りたい方におすすめ
  2. 新車・人気車リース可能
  3. 3種類のメンテナンスパックリース
  4. 500・1,000・1,500kmから選べる
  5. ガソリン代値引きサービスあり
CHECK
走行距離はそこまで必要ないという方であれば、3種類の制限走行距離とメンテナンスパックから選べるコスモマイカーリース(旧コスモスマートビーグル)を利用するほうがコスパがよくなるのでおすすめです。

メンテナンスパックに応じてガソリンが値引きされる特典も嬉しいサービスとなっています。

コスモマイカーリース(旧コスモスマートビーグル)の評価
車の種類
(5.0)
メンテナンス
(4.5)
走行距離
(4.5)
料金
(4.5)
総合評価
(4.5)

カルモ

カルモ

ポイント
  1. 安く乗りたいという方におすすめ
  2. 新車のみのリース
  3. 3種類のメンテナンスリース
  4. 制限走行距離1,500km
  5. Web予約で最大32,400円割引
CHECK
若干の車種の制限はあるものの、制限走行距離は1,500kmでメンテナンスパックも3種類、Web完結でコスト削減によるリース料金の安さを実現しているのがカルモです。

Web予約をすることによって月額300円値引きされるので、最大で32,400円も安くなるのも嬉しいポイントといえます。

カルモの評価
車の種類
(4.0)
メンテナンス
(4.5)
走行距離
(4.5)
料金
(5.0)
総合評価
(4.5)

法人でカーリースを利用するメリット・デメリット

法人でカーリースを利用する場合にはメリットとデメリットが存在するので理解しておかなくてはいけません。

まずはメリットについてみていきましょう。

法人カーリースのメリット
  • 車にかかる費用が経費として計上できる
  • 月々の費用が一定でわかりやすくなる

法人でカーリースを利用する大きなメリットは、車にかかる費用の計上と月々の費用が一定で明確になるという点です。

節税を意識するのであれば、確実にカーリースのほうが諸費用を計上できるので購入するよりも賢い選択といえるでしょう。

一方、デメリットもあります。

法人カーリースのデメリット
  • 金利が高くついてしまう
  • 中途解約ができない

カーリースはリース料だけではなく車検やメンテナンス費用などにも金利がついてしまうので、トータルの支払総額は購入やローンよりも高くついてしまいます。

また、中途解約ができず、どうしてもしたい場合は残りの契約料金を支払う必要があるため、しっかりと計画を立ててリースする必要があるのもデメリットといえるでしょう。

カーリース執事

なにはともあれ節税を意識するならカーリースはおすすめということは理解しておこう!!