【フォルクスワーゲンを安く乗る⁉】おすすめのカーリース業者ランキング&料金相場

フォルクスワーゲンのカーリース

端正なデザインと高い操作性を兼ね備えたドイツ発のフォルクスワーゲンは、日本でも操作しやすい右ハンドルを導入し、市場シェア率を高めています。

そのため、フォルクスワーゲンに乗りたいという方も徐々に増えつつ、中にはカーリースで運転を楽しみたいという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、フォルクスワーゲンをカーリースする際におすすめの業者をランキングにしてみました。

フォルクスワーゲンの車種でカーリース業者選びの2つのポイント!

カーリース業者を選ぶのであれば、納得できる契約をしたいのが当たり前ですよね。

そこで、どのような業者を選べば良いのかということになりますが、当サイトでは2つのポイントを意識することを推奨しています。

  1. メンテナンスパックが利用できる業者
  2. 認定中古車をリースするのもおすすめ!

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきましょう。

1. メンテナンスパックが利用できる業者

フォルクスワーゲンの車体価格は国産車よりも値段が高く、それに応じてメンテナンス費用も高くなるので月額も大きく変動しやすくなってしまいます。

であれば、メンテナンス費用もパックとして月額の中に組み込むことができれば、急な出費に苦しむことなく安定した予算内でやりくりすることができるでしょう。

ちなみに運転をしているとかかるメンテナンスは以下のとおりです。

必要なメンテナンス例
  • 車検点検
  • エンジンオイル
  • バッテリー
  • タイヤ
  • ブレーキオイル
  • ブレーキパッド
  • ウォッシャー液
  • クーラント液
  • エアコンフィルター

メンテナンスパックはローン・一括・分割購入にはないカーリースだけの特権なので、活用することを前提にして業者を選んでいきましょう。

2. 認定中古車をリースするのもおすすめ!

カーリースは新車だけではなく中古車でも利用することができるので、月額のリース料を抑えたい方には中古車リースを視野にいれておくことも考えるべきでしょう。

MEMO

新車ではフォルクスワーゲンのような輸入車のほうが価格は高いですが、中古車になると需要の関係上、輸入車のほうが安いことが多いです。

だからこそ、フォルクスワーゲンのカーリースのコストを抑えるなら中古車がおすすめといえますね。

ただ、中古車と一言でいってもボロボロの車に乗るのは少し気が引けてしまうでしょう。

その場合は、認定中古車のリースができる業者に目星をつけておくことをおすすめします。

認定中古車は簡単にいうと、厳しい条件をクリアした高品質な中古車です。

中古車といえど新車に負けない品質ですが、若干車体価格は低いのでリーズナブルにリースしたいのであれば有効活用していきましょう。

フォルクスワーゲンの車種でおすすめのカーリース業者ランキング!

では、この2つのポイントを基にして、おすすめできるカーリース業者をランキングにしてみました。

どの業者がいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

BMWファイナンシャル・サービス

BMWファイナンシャル・サービス

ポイント
  1. サービス品質重視の方におすすめ
  2. 新車・中古車のリースができる
  3.      

  4. 認定中古車のリース可能
  5. 充実のメンテナンスパック
  6. 2~5年の契約が可能
CHECK

充実したメンテナンスパックと認定中古車のリースが可能で、サービス品質を重視したいという方であればBMWファイナンシャル・サービスがおすすめです。

2~5年の中で契約が可能なので、長い年数リースをしたくはないという方のニーズにも合ったプランが用意されています。

アウディファイナンシャルサービスの評価
車の種類
(5.0)
メンテナンス
(5.0)
中古車品質
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(5.0)

マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズ

ポイント
  1. 中古車に力をいれてるからこそ高品質なメンテナンス
  2.     

  3. 新車・中古車から選べる
  4. オープンエンド・クローズドエンド選べる
  5. 支払いプランのバリエーションが豊富
CHECK

支払い方法を多数用意しているので、自分に合ったプランを見つけやすいのがマリオットマーキーズの特徴です。

認定中古車ではないものの、メンテナンスにはかなりの力をいれているので高品質な車を提供しています。

マリオットマーキーズの評価
車の種類
(4.0)
メンテナンス
(4.5)
中古車品質
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.0)

ジャッジ

ポイント
  1. メンテナンスパックあり
  2. 新車・中古車リース可能
  3. オープエンド方式
CHECK

中古車リースに力を入れているのがジャッジの特徴で、フォルクスワーゲンのラインナップも豊富となっています。

オープンエンド方式での契約になるので、残価の差額が生じた場合の支払い・還付には気をつけるようにしましょう

ジャッジの評価
車の種類
(3.5)
メンテナンス
(3.5)
中古車品質
(3.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

フォルクスワーゲンの人気車種をカーリースするときにかかる月額料金相場比較!

フォルクスワーゲンの人気車種がどれぐらいの月額料金がかかるのか知りたいという方も多いでしょう。

しかし、カーリースの料金を明確にしている業者がいないので、今回は予測でリース料金を算出してみたいと思います。

中古車は車体価格のばらつきが多いので、今回は新車の中でも人気車である「Golf TSI Trendline」で価格を出してみましょう。

Golf TSI Trendlineの車体価格は2,539,000円です。

リースを5年契約で結ぶと、「1年で30%下がる」という中古車事情を基にして、5年後の車体価格は426,730円になります。

これを残価にするとGolf TSI Trendlineは2,112,270円となるので、60ヶ月で割ると35,204円です。

あくまで予測のリース料になるので、これに加えてメンテナンスなどの費用が加わると考えてください。

カーリース執事

オープンエンド方式だと残価を設定できるからよりリース料は変動しやすいよ!!

フォルクスワーゲンの車種をカーリースする際のQ&A

オープンエンド方式のメリット・デメリットを教えてほしい

オープンエンド方式のメリットは残価を公開・設定できるので、月額リース料を自分で決めやすくなるという点です。
デメリットは、残価の責任が契約者になるので、差額が生じた場合に支払いをする可能性があるということです。

クローズドエンド方式のメリット・デメリットを教えてほしい

クローズドエンド方式のメリットは、残価の責任がリース業者になるので、差額が生じたとしても支払う必要がない点です。
デメリットは、残価が非公開で契約者は設定に関与できない分、低く設定されて月額のリース料が高くなる可能性があるという点です。

車をリースするよりも購入したほうが安いの?

料金の総額でいえば一括で購入するほうが安くなりますし、購入を前提とするならリースを利用しない方がいいでしょう。
カーリースはあくまで月額を一定の料金にすること、新車や人気車をリーズナブルな価格で乗り続けることができることが特徴です。

新車と認定中古車に違いはあるの?

認定中古車はあくまで厳しい審査をクリアした中古車なので、前に使用者がいるという事実があります。
新車は全く人が乗っていない状態の新品の部品を用いている状態なので、新車>認定中古車>中古車の順に品質が良いとおぼえておきましょう。

メンテナンスを自分でしたい場合はパックをつけなくてもいい?

自分でしたい場合はもちろんパックをつけないことを申告することでメンテナンスパックなしの料金を算出してくれるでしょう。
ただし、輸入車のメンテナンスというのは国産車に比べると高額になるので、月の変動が大きくなるということは理解しておいてください。