【BMWを安く乗る!?】おすすめのカーリース業者&料金相場

BMWのカーリース

日本でもBMWの車を見かけることも多くなってきており、それにともなって乗りたい・運転してみたいという方も増えてきているのが現状です。

車というのは購入するだけではなく、リースをするという形でBMWを入手することができるようになりました。

そこで今回は、BMWの車種でおすすめのカーリース業者をランキングにして紹介していきましょう。

カーリース執事

BMWはBayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトレーン・ヴェルケ)の頭文字だよ!

BMWの車種でカーリース業者選びの3つのポイント!

カーリースをする場合に失敗しないようにするためには、以下の3つのポイントを抑える必要があります。

  1. 新車・中古車を選べる業者が◎
  2. オープンエンド・クローズドエンド選べる
  3. 魅力的なプラン・特典があればなおよし

では、それぞれのポイントについて解説をしていきましょう。

1. 新車・中古車を選べる業者が◎

カーリースは新車だけではなく中古車もできるのを知っている方は意外にも少ないです。

やはり車に乗るなら新車がいいという方もいますが、中古車になると月額料金も安く抑えることができるという利点もあり、どちらを乗るか迷う方もいるでしょう。

その場合、新車あるいは中古車だけの業者ではなく、どちらのリースもできる業者を選んでおく方ががおすすめです。

カーリース執事

自分が新車・中古車のどちらかに決めているのであれば気にすることではないポイントだね!

2. オープンエンド・クローズドエンド選べる

カーリースの契約で一番重要でもある部分が、オープンエンド・クローズドエンドのどちらの方式で契約するのかという点です。

オープンエンドは残価の責任が契約者にあるという方式で、契約終了後の残価に差額があった場合、支払いや還付をしなければいけません。

しかし、契約者とリース業者間で残価が公開されるので、リーズナブルな月額料金で利用することができます。

一方、クローズドエンドは残価の責任がリース業者にあるので、契約終了後の残価に差額が生じても、契約者側が支払う必要はありません。

しかし、残価を公開されることがない分、低く設定されてしまうこともあります。

オープンエンド・クローズドエンドともにメリット・デメリットがあるので、どのような方式なのかを理解しておきましょう。

カーリース執事

オープンエンド・クローズドエンドどちらも選ぶことができれば、契約内容次第で好きな方を選ぶことができるので便利だよ!

3. 魅力的なプラン・特典があればなおよし

カーリース業者によっては独自のプランや特典を展開しているところも多いので、あなたにとって魅力的なサービスがあるかどうかで業者選びをするのもいいでしょう。

注意
国産車のリース業者は様々なプランや特典が多いですが、輸入車をリースできる業者はそこまでプランを多く展開していないので、過度な期待はしないほうがいいかもしれません。

信頼できるカーリース業者を見つけることが何よりも大切で、その中から魅力的なプランや特典があれば検討してみる、といったスタンスで探すのがおすすめです。

BMWの車種でおすすめのカーリース業者ランキング!

業者選びのポイントを紹介しても、肝心のどの業者がおすすめなのかわからなければ手間が増えてしまいますよね。

そこで、先ほどの3つのポイントと独自の評価を基にして、BMWのカーリースおすすめ業者をランキングにしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

BMWファイナンシャルサービス

BMWファイナンシャルサービス

ポイント
  1. サービス品質重視の方におすすめ
  2. 新車・認定中古車からリースできる
  3. オープンエンド・クローズドエンドどちらも可能
  4. 3年間のメンテナンス保証
CHECK

3年間の無償メンテナンス保証、制限走行距離無制限とサービス品質においては群を抜いているのがBMWファイナンシャル・サービスです。

ライフスタイルに合わせて新車・中古車、あるいはオープンエンド・クローズドエンド方式で選べるので、自由度の高いプランで契約することができます。

BMWファイナンシャルサービスの評価
車の種類
(5.0)
メンテナンス
(5.0)
プラン
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(5.0)

マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズ

ポイント
  1. 新車・中古車から選べる
  2.     

  3. オープンエンド・クローズドエンド選べる
  4. 徹底的なメンテナンスサービス
  5. 支払いプランが豊富
CHECK

マリオットマーキーズの魅力は支払いプランを豊富に用意している点なので、余裕があるときに多く払いたいといった料金の負担を減らしたい方におすすめです。

メンテナンスサービスも充実しているので、中古車といえど安心して運転を楽しむことができます。

車の種類
(4.0)
メンテナンス
(4.5)
プラン
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.0)

ジャッジ

ジャッジ

ポイント
  1. 新車・中古車リース可能
  2. オープンエンド方式
  3. メンテナンス費用も組み込める
CHECK
新車よりも中古車の方が種類が豊富なので、BMWを中古車でリースしたいと考えている方にジャッジはおすすめです。

オープエンド方式のみの契約となっているので、残価の支払い責任は契約者にあるということを覚えておきましょう。

ジャッジの評価
車の種類
(4.0)
メンテナンス
(3.5)
プラン
(3.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(3.5)

BMWの人気車種をカーリースするときにかかる月額料金相場比較!

BMWをカーリースしたいときにどのぐらいの料金相場なのか知りたいという方も多いでしょう。

中古車では、その車のコンディションによって車両価格が大きく変動してしまうので相場価格が出せません。

しかし、新車のリース料というのも公表されてはいないので、あくまで予測の月額料金相場を出してみました。

今回は「BMW 320i SE」を参考にしてみます。

BMW 320i SEの車体価格は452万円、契約期間は5年(60ヶ月)としました。

残価の設定は中古車の価格を決める際の「車体価値は1年で30%下がる」という項目を参考にし、4,520,000×0.7を5年分で「760,000円」とします。

車両価格4,520,000円から残価の76,000円を引くと3,760,000円になるので、これを60ヶ月分で割ると月額約63,000円でBMWをリースすることができます。

MEMO
今回の価格はあくまで予測なので、オープエンド方式であれば残価はもう少し高く設定することもできるでしょう。

メンテナンス費も組み込まれていないので、あくまで参考という形で覚えておいてください。

BMWの車種をカーリースする際のQ&A

BMWの新車と中古車ではどちらを乗るほうがいい?

新車だとすべての部品が新品なので、リース料はそれだけ高くなってしまいます。
中古車は前の使用者によってコンディションが変わってきますが、車体価格は低くなるので、できるだけ安く乗りたいのであれば中古車がおすすめです。
乗り心地や信頼性を重視したいということであれば、新車をおすすめします。

BMWリース料は購入した時やローンの時よりも高くなる?

重量税や車検などの費用を車両価格に上乗せする分、購入やローンよりも総額は高くなります。

しかし、購入を検討していないのであれば、カーリースの方が手間なく快適に乗ることができるでしょう。

オープエンド・クローズドエンドどちらが自分にとって合っているのかわからない

残価はどれだけの距離を運転したのか、キズや凹み、車内の使用感などによって変わります。

そのため、運転に自信がない、あるいは掃除が苦手という方はクローズドエンド方式の方が残価の支払いが無いので合っているでしょう。

車をさほど乗らずに安全運転に自信があるということであれば、オープエンド方式の方が残価を設定できるので合っています。

契約中に購入したくなった場合、ローンや一括購入に切り替えられる?

契約終了まで切り替えることができません。

契約終了後に車を購入するか、再リース、返却、乗り換えといった選択ができます。

ただし、最初から購入を前提とするのであれば、リースのほうが高くなってしまうのでローンや一括購入を検討しましょう。

メンテナンスを自分でしたい場合はパックに加入しなくてもいい?

業者によって違いはありますが、基本的にメンテナンスパックに加入しないこともできます。

ただし、BMWファイナンシャル・サービスはメンテナンスが無償でサポートされるので把握しておきましょう。